大家さんにしっかり確認する

マンションを借りている方は、「引越しの時に支払った敷金はどこまで戻るんだろう?」と思っている方も多いと思います。実は、マンションを引越す時に発生するトラブルナンバー1が敷金トラブルなのです。そこで敷金で起こるトラブルについてお伝えします。

原状回復義務はどのくらいあるの?
借りていたマンションを引越す時に、原状回復義務というのが発生します。詳しくはアパートを退去するときの原状回復で確認。 そこで、原状回復義務が生じた場合には、敷金から原状回復するための修理代が差し引かれます。

尚、「マンションを借りていた方が普通に生活していてできる傷や汚れは、借りている人の責任ではない」という条項もあります。この場合の修理や修繕費用は、大家さんの負担となります。ところが、たくさんの大家さんは、原状回復義務のない普通の生活でできた汚れや傷みの修理費用も敷金から差し引いてしまうことがありますす。そのため、ここでトラブルが発生しやすくなるわけです。

マンションを借りていて引越す場合には、予め国土交通省のガイドラインを頭の片隅に置いておき、敷金から何が差し引かれるのかを確認するようにしましょう。もちろん、引越しするときは「借りていた部屋はキレイに掃除する」といった心がけも大切です。ただ、過剰に原状回復義務を要求された場合は、しっかり主張することも大切です。

敷金トラブルを未然に防ぐには、国土交通省が定めたガイドラインを確認し、どこまでが自分の負担になるのか、大家さんと話し合うことが敷金の返還率を高くするコツです。。

このページの先頭へ