家族別の準備期間

引越し業者に荷造りをお願いしない場合、「荷造りに、どのくらいの時間がかかるんだろう」と思われる方も多いと思います。「引越しの1か月前くらいから始めれば、何とかなるのかなあ」と思ったり、「いやいや数か月前から準備したほうがいいのでは」などと思われるかもしれません。

まず、引越しの荷造りは、家族の規模によっても時間が変わってきます。たとえば、実家暮らしから一人暮らしになる場合は、部屋はそのままでもどうにかなりますから、前日で間に合っちゃうこともあります。そこで、どのくらいの日数を目安に準備するべきなのかを説明します。

一人暮らし
「実家→アパート・マンション」であれば、1週間もあれば十分です。荷物が少なければ、前日でも間に合うでしょう。

単身引越し
荷物の量にもよりますが、だいたい1週間から10日あれば、ゆっくり引越し荷物の準備をすることは可能です。

家族(二人暮らし)
余裕をもって、2週間前には荷造りを開始したいです。季節ものなどから、どんどん段ボールに詰めていきましょう。

家族(親+子供)
子供の人数にもよりますが、3週間から1か月前から手を付けておきたいです。季節の飾り物、使わない衣類や食器類など、手の付けられる範囲からどんどん箱詰めをしていきましょう。

家族(3世代)
荷物も尋常ではない量になるかと思いますので、まずは使わないもの、季節のイベントもの、今の季節とは逆の季節の衣類から、最低1か月半から2か月前には荷造りをスタートしたいです。一気にやろうとするとどっと疲れが出るかと思いますので、部屋の片隅を段ボール置き場にして、週末ごとに進める、1日1個などと決めて、箱詰めしていくと負担が軽く済みます。

尚、引越し業者に梱包をお願いしないのであれば、できるだけ早い時期に段ボールを届けてもらって、荷造りを開始しましょう。これが「引越しで疲労困憊しないコツ」です。

このページの先頭へ