引越しに関する諸手続き

マンションの購入が決まった後、1か月位は公的融資の審査期間がありましたから、その間に出来る限りの引越し準備を済ませる事にしました。 実際に家を出る日にしか出来ない手続きもあれば、事前にできる手続きもあります。 融資の審査が終わり、物件の引き渡しが終了するまでの間に、可能な限りの引越し準備は済ませておきたかったので、やれる事から順に開始。

まずは、電力・ガス会社、水道局、インターネット関連、行政機関への住所変更の連絡など、順に行います。ほとんどは電話一本でOKなので、リストアップして連絡済みの物から消して行くと混乱しなくて済みますよ。ただし、郵便局と役場だけは実際に出向いて色々と書類を記入して提出する事になる上、平日しかできませんから、仕事時間を調整するなりして何とか時間を捻出する必要があると思います。

あとは、荷造りも少しずつ始めました。 使用頻度の低い物から荷づくりしますが、ここで思い切って不要と思われるものは処分してしまっても良いと思います。 私もずっとタンスの肥しの様な状態で使っていないもの、何となく捨てきれずに残していたものなど、この機会に思い切って処分しました!

出来るだけ新居に持って行くものは少なくしたかったので、長年持っていることすら忘れていた様なものは、迷わず処分! 当面使うものだけを残してどんどん荷造りして行くと、大体どの程度の引越し荷物ができるかも目で見てわかり易いので、引越し業者さんに見積もりを依頼する時にもスムーズに事が運びますからね。

実際に我が家の場合も、大型家具や電化製品が少なく、ダンボール荷物も自分達で運べる分が結構あったので、業者に依頼する部分が少なくて済み、かなり費用を安く抑える事が出来ました。 ただ、エアコンだけはギリギリまで使う事になっていたので、引越しの1週間前くらいに取り外し業者さんに日時を予約して、前日に取り外して貰いました。 その辺は段取りが重要かな、と思います。

このページの先頭へ