とにかく時間のかかる契約

フラット35の審査が終了し、無事にローン融資が決定した後はいよいよ契約と引き渡しです。 仲介役の不動産屋さんと売主さんに銀行へ来て貰って、契約します。 重要項目の確認と売主さんと買主である私の双方からの疑問点も確認してから、複数の契約書へ署名と捺印をして行きます。

引渡し期日もここで確認して決定する事になるのですが、いよいよか~って感じです。 ただしここで注意すべきなのは、契約と引き渡しは自分達がローン融資を依頼する銀行で行われる為、平日限定となることです。 平日働いている人はスケジュールの調整をお忘れなく。それも可能なら終日休みを取った方が無難。思っていたよりもかなり長い時間かかりました。

さて、契約が終わったら次は引き渡し。 引き渡し時には司法書士も同席します。ここでも次から次へと書類の記入&捺印を延々と繰り返す事になります。ホントに延々と、です。 時間にして小一時間くらいはずっと続けていたでしょうか。 そしてその間、同時進行で自分の口座に一瞬だけ一千万円を超える大金が振り込まれる訳です。とは言っても、すぐに売主の口座へ移動されるんですけどね。

額が額なだけに、この作業にも結構時間がかかる様です。 最終的に全てが完了した段階で、自分達の通帳も確認する事になります。 自分の通帳を確認しながら、一生の中でもう見る事もないであろう大金が一瞬でも自分の口座に入っていたんだ~という、摩訶不思議な感覚を楽しみました。

入金を確認した後、売主から書類一式と鍵一式を受け取って、無事に引き渡しは終了です。 引き渡し終了後も、まだ作成すべき書類がいくつかあったので、全てを完了するのに通算して2時間位はかかったと思います。 さすがに、疲れた~って感じでしたが、何とも言えない高揚感もありましたね。遂に、マイホームを手に入れたのか~と。 一生に一度の大きな買い物とは言え、それにしても、大仕事でした。

このページの先頭へ