1人1000円が相場です

引越し業者にお願いした際に、たくさんの方が悩むことの1つとして、「心づけを渡すか渡さなくてもいいのか」ということです。ここでは、「心づけは渡すべきか渡さないべきか」について触れていきます。

心づけはこんな時渡そう
たとえば、大家族の場合、作業にも時間がかかります。そんなときは、1人当たり1000円くらいを目安に「これでお昼でも食べてください」と、作業をする方の人数分のポチ袋に1000円と書いて、代表の方に渡すといいです。引越し作業に入る前の挨拶のときに渡しましょう。

心づけは渡さなくても良い?
大手の業者さんでは、「心づけはいただかない」と営業マンが契約の際に言うところもあります。とはいえ、一生懸命働いてくれているスタッフを見ると、何かあげたいと思われる方もいらっしゃるかと思います。 もちろん、心づけは渡す必要もないですが、営業マンに必要ないといわれても、やはり「1人1000円×人数分」は念のため用意しておくとよいでしょう。

尚、代表の方に心づけは断られるケースもあるので、一緒に「作業員人数分の飲み物やお菓子、パンなど」を購入しておいても良いです。ポカリスエットやお茶なら、一般的に誰もが飲みますのでお勧めです。

心づけは渡したほうが作業員が頑張る?
人の心情から言って、心づけをもらったほうが、もらった分頑張ろうって思いますよね?もちろん、心づけがないからと乱雑になることはないでしょうが、やはり若干心の持ちようが変わると思います。1人当たり1000円なら、3000~4000円上乗せするだけです。確かに引越しはお金がかかるので、節約できるところは節約したいかと思いますが、心づけは節約するしないで判断するところではないかなと思います。気持ちの良いスタートを切るためには、やはりあったほうがよいかなと思います。

こんな時は心づけ不要かも
例えば、一人暮らしの人が「実家から近場のアパートに引越す」といった場合は荷物は少ないですし、そこまで大変ではないかと思いますので、「人数分の飲み物」で十分かなと思います。

心づけは、気持ちよく引越しをされたい方は、検討したいポイントです。締めるところは締めても、締めるところを間違えないようにしたいものです。

このページの先頭へ