タバコを吸っている方は注意しよう

原状回復について
原状回復とは、「借りていた賃貸(アパートなど)物件を引き渡すときに借りる前の状態にして大家さんに返す」という義務が生じることを言います。尚、日常生活で普通に使っていて生じる摩耗は含まれません。故意や過失によるもの、その他普通の使用を超えるような損耗・毀損が生じている場合には原状回復の義務が発生します。 もし、「普通に使っていて摩耗してしまった部分を修復するために敷金から差し引く」と言われたら、迷わず主張すべきです。

タバコと原状回復
タバコを吸われる方の場合、奥さん、あるいは家族に文句を言われて、部屋の外でタバコを吸っているという方もいることでしょう。「ゆっくり吸わせてくれよ~」って思われるかもしれませんが、アパートを借りている場合はタバコのヤニが原状回復の適用を受けます。その為、引越しするときのことを考えたら「ベランダで吸ったほうがよい」と言えます。

「普通に使用してい年数とともに劣化する損耗」であれば全く問題はないのですが、タバコで壁が黄色くなってしまった場合は壁紙を張り替える必要があるため、その分の費用は自分が出さなくてはならなくなるのです。

ただ、この壁紙代も、全額負担ではなく、その建物で過ごした時間に応じて、負担額が変わってきます。長く住んでいる場合は、「その年数分が考慮され割り引かれる」というのが普通です。実は、国土交通省のガイドラインでは、壁紙は6年以上たつと1円の価値になると明記されています。

そのため、6年以上住んでいる場合は、カイドラインに沿って考えると借り手が負担する必要がないということになります。もし、6年以上住んでいるのに壁紙を請求されたら、大家さんに一度聞いてみましょう。 原状回復については、知っていると得することもあります。しっかり覚えておきましょう。

このページの先頭へ