迷ったらお菓子にしよう

引越しをする際に、どうせなら喜ばれる粗品とともに、引越しの挨拶をしたいものです。相手がもらって、「ケチってるな~」という印象のものを与えてしまうと、「ケチな家族」といった第一印象がついてしまいそうですし、あんまり奮発するのも微妙。

そこで、挨拶の際に喜ばれる粗品選びについて考えてみました。お値段はどれも500円から1000円程度のものでよいです。また、どんなものでも「のし」を付けておけば、礼儀がきちんといている上、好印象を与えることができます。

子供さんがいらっしゃる家庭が多いマンションや戸建ての場合
入浴剤、タオル、洗剤、ハンドソープ、ラップ、ホイル、ジップロックなどの日用消耗品や賞味期限の長いお菓子などが選ばれることが多いですが、最近では使う洗剤にこだわりを持っている家庭も多く、甘いものが苦手という場合もあります。そんな時は商品券やクオカード、そしてどの家庭でも必ず使う地域指定のゴミ袋が喜ばれます。

独身の方が多いアパートやマンションの場合
クッキーやチョコレートなどのお菓子類、クオカード、商品券がいいです。

大家さん
大家さんへの粗品は近所の方への粗品の倍額が妥当です。日本茶やコーヒー・紅茶、菓子折りが定番で、1000円~2000円程度が相場。 一番喜ばれる粗品の1つが「引越しする前に住んでいた地域の銘菓」です。

挨拶は近所にするべきか

上では、引越しの挨拶で喜ばれる粗品について書きましたが、近所付き合いが希薄になりつつある昨今、引越しのときの「挨拶」は必要かどうか迷っている人もいるかもしれません。 そこで、旧居、新居に分けて解説します。

旧居のご近所について

挨拶というと新居での挨拶を考えてしまいがちですが、旧居での挨拶ももちろん必要です。進学や就職などのために実家から出て一人暮らしになるという場合の引越しは別ですが、戸建てでも集合住宅でも、今までお世話になった方々にきちんとお礼をして気持ち良く新居へ旅立ちましょう。

誰に?
戸建ての場合は「向こう三軒両隣」、つまりお向かいの3軒と左右の2軒に伺うのが基本になりますが、その他にもお世話になったお宅があれば忘れずに挨拶をしましょう。 アパートやマンションの場合は左右2軒、そして今まで騒音等でご迷惑をおかけしたであろう下の階の方へは必ず挨拶をします。

上の階については入居中に特に交流がなければ伺わなくても良いでしょう。 また、自治会がある場合は自治会長さんにも挨拶をする必要があるかもしれませんから、自治会の班長さんや地域に長く住んでいる方などに確認してください。

時期・時間帯は?
時期の目安としては引越しの1週間前~前日ですが、特に親しくしていた方に対してはもっと早めに伝えておきたいもの。引越しが決まった時点で知らせしておきましょう。 旧居の場合、ご近所の方々の生活リズムはある程度把握できているはずなので訪問すべき時間帯の目星はつくでしょう。直接、挨拶をするのが一番ですが、万が一時間がなかったりタイミングが合わずに挨拶ができなかった場合は、挨拶状を書き、ポストに入れておくと良いでしょう。

内容は?
「旧居でのお礼」の他に「引越しの予定日」も伝えておくと引越し当日のトラブルを回避できます。引越し業者のトラックが道を塞いでしまったり、荷物の搬出作業によって騒音が発生したとしても、事前に日時を連絡をしておくことで苦情には発展しないはずです。

また、今後もお付き合いが続くようであれば「新居の住所」も忘れずに伝えましょう。 挨拶状の場合は、住んでいた場所・名前・引越し日、そして今までお世話になったことに対するお礼、当日ご迷惑をかけるであろうことに対するお詫びを書きます。

粗品は必要か?
旧居の場合は粗品がなくても問題はありませんが、持っていく場合は500円~1000円位の日用品・お菓子折りなどが良いでしょう。 管理人や大家さんが近くにいる場合は、粗品を持って挨拶に伺いましょう。

粗品には熨斗(のし)を付けますが、引越しの挨拶の場合は外熨斗を使います。紅白の蝶結びの水引で、表書きには「御礼」または「粗品」、その下に苗字を書きましょう。 熨斗は粗品を購入したお店で書いてもらうこともできますし、ギフトを通販で購入する場合も付けてもらうことが可能です。

新居のご近所について

家族引越しの場合
これからの生活を円滑に送るためにも必ずご近所への挨拶回りをしましょう。新築の場合は施工前に一度挨拶に伺っている場合もあるでしょうが、それは「建築中ご迷惑をおかけします」といった意味なので、引越しの際は再度「これからよろしくお願いします」という挨拶が必要になります。

初めてのお宅に伺うのは緊張しますが、挨拶回りをすることで近所にどんな方が住んでいるのかが分かり、顔を覚えてもらうことで何か不測の事態が起こった時に助けてもらうことができるかもしれません。

誰に?
戸建ての場合、基本的には向こう3軒両隣(お向かいの3軒と左右3軒)へ挨拶をしますが、新居の裏など今後の生活の中で交流がありそうなお宅へは伺った方が良いでしょう。 マンション・アパートといった集合住宅の場合は左右2軒・上下2軒に伺うことが基本です。

尚、部屋の配置にもよりますが、大規模なマンションの場合は向こう3軒両隣まで、小規模なマンションの場合は同フロア全戸、戸数の少ないアパートの場合は全戸にしておいた方が、その後の生活でご近所関係が円滑に進むでしょう。

また、集合住宅や賃貸物件で管理人さんや大家さんがいる場合は必ず挨拶に伺い、その際に自治会やゴミ捨てのルールなどを聞いておくと良いでしょう。 戸建ての場合はご近所への挨拶回りの際に自治会、ゴミ捨てなど分からないことも一緒に聞いておきましょう。

地域によっては自治会長さんや同じ班のお宅への挨拶が必要である場合もありますので、住み始めてから気まずい思いをしないためにも、初めの挨拶の時に聞いてしまいましょう。 また、挨拶のときは特別な事情がない限り家族そろって出向いた方が良いです。早く顔を覚えてもらうことで地域になじむことができるでしょう。

時期・時間は?
引越し当日は業者のトラックを駐車したり、荷物の搬入作業で騒がしくなるので、ご近所にご迷惑をおかけすることが何かと多いです。挨拶回りはなべく引越し前日までに済ませておきたいところです。

それが難しい場合は当日か、遅くとも翌日までには行きましょう。大家さん・管理人さんへの挨拶は当日の物件の明け渡しの際で構いませんが、当日に立ち合いが無い場合はご近所への挨拶と同等に引越し翌日までには必ず済ませましょう。

訪問時間は10時~18時くらいが適当ですが、御飯時は避けるのがマナーです。旧居の場合と違い新居の場合は近隣の方の生活スタイルが把握できていないため、在宅時間が分からず、何度伺っても留守、ということがあるかもしれません。そんな時は夜電気がつくタイミングを見計らって挨拶に行くと良いでしょう。

留守の場合は時間を変えて挨拶に行きましょう。3回伺っても不在の場合や相手方の帰宅時間が極端に遅い場合は挨拶状をポストに入れておきましょう。

内容は?
初めてのお宅に訪問するということで緊張して頭の中が真っ白になってしまうことがあるかもしれませんが、最低限、住所、氏名、引越しの日にち、引越し当日にご迷惑をおかけすること(したこと)に対してのお詫び、そして、「これからお世話になります」という一言を伝えましょう。

他にも小さい子どもがいる場合などは、「気を付けますが、お騒がせすることがあるかもしれません。」という一言を付け加えておくことで印象が良くなるでしょう。

留守の場合の対応
3回、挨拶に伺っても留守の場合は挨拶状を添えてドアノブに掛けておくか、タオルなどの粗品をポストに入れておきます。 挨拶状はそれほど改まったものではなく、100円ショップで売られているような名刺サイズのメッセージカードくらいが良いでしょう。

挨拶状には住所、氏名、引越した日にち、「何度か伺いましたがご不在のようでしたので手紙にて失礼いたします」といった断り、そして「今後ともよろしくお願いします」といった挨拶を記入します。

粗品がある場合には「もしよかったら使って(召し上がって)ください」と一言添えるとスマートです。また、小さい子どもがいるため迷惑をかけてしまうかもしれない等々、近所の方に知っておいてもらいたい事柄があればそこに書いておきましょう。

単身引越しの場合
家族単位での引越しの場合は近所の方に顔を覚えてもらった方が生活しやすいということもあり、9割程度の世帯でご近所への挨拶回りをしているようです。 しかし、単身の場合は挨拶を行わない場合が半数以上とのこと。

その理由として、単身者は長期間同じ場所にとどまることが少ないため地域との結びつきを求めていない、日中は学校や仕事で家を空けているため挨拶に行く時間が取れない、防犯を考えて挨拶に行かないなどが挙げられます。

とはいえ、せっかく引越したのであれば、その場所で気持ち良く過ごしたいものです。快適な単身生活を始めるためにはどうしたら良いのでしょうか?

女性の単身
「地域とのつながり」のために行うのが引越しの挨拶ですが、「つながり」よりも防犯が大事。女性の一人暮らしの場合は挨拶を控えた方が無難です。 挨拶をすることによって女性の一人暮らしだということが分かり、ストーカー被害や盗難などにつながってしまう可能性も無きにしも非ずですから、自らリスクを高めに行く必要はありません。

尚、大家さん・管理人さんへの挨拶は必要ですが、どんな人が住んでいるのかが分からないお宅への訪問は控えましょう。 また、女性の一人暮らしだということが周囲に分からないよう、人目を引く引越し作業中は外をウロウロしない、カーテンはシンプルなものを選ぶなどにも気を付けるようにしましょう。

自分の身は自分で守らなければならない一人暮らし。女性の場合は「挨拶をしない」というのが快適に生活するための第一歩です。 それでも「防犯は重要、でも近所付き合いも大事!どうしても挨拶に行きたい」という方は、まず大家さん・管理人さんに相談しましょう。

男性の単身
男性の場合は、女性の場合とは異なり挨拶に伺うべきでしょう。 ただし、ワンルームマンションのように単身者の集まっている集合住宅では、生活リズムの違いなどによって挨拶が迷惑になることもありますので注意が必要です。

また、見知らぬ男性が訪ねて来ると防犯意識から在宅中でも居留守を使われる場合があります。 3回伺って留守であればメッセージカードを添えた粗品をドアノブに掛けたり、ポストに入れるという対応をした方が良いでしょう。 住人への挨拶が必要かどうか悩む場合は、大家さん・管理人さんに聞いてみると良いでしょう。

挨拶状について

ご近所への挨拶が済んでひと安心。さて、今度は転居通知ハガキを出しましょう。 直接引越しの挨拶をすることができなかった友人・知人・親戚などには、引越したことを伝えるためにハガキを送ります。

年賀状の季節が近い場合は新年の挨拶と一緒に引越しの報告をすることもできますが、そうでない場合は転居ハガキを用意するようにしましょう。

誰に?
友人・知人・親戚の他、仕事先の関係者、お世話になった目上の方、年賀状のやり取りを行っている間柄の方などに出します。 「この人には連絡しなくてもいいかな?」と悩む場合があるかもしれませんが、引越しをきっかけにして全く連絡が取れなくなってしまうということがありますから、できるだけ多くの人に連絡することをおススメします。

ただし、親密な関係の方にはハガキではなくメール等で報告する場合もありますから、日ごろの付き合いの程度でハガキとメールを使い分けるのが一般的です。

時期
引越しの1ヵ月後、遅くても3ヶ月後までには届くように用意しますが、特に仕事関係の方や目上の方にはできるだけ早めに送るのがマナーです。 ただし「引越しをしました」ということをお知らせするハガキですから、引越し前に送るのはやめましょう。

内容
相手との間柄によって書き方を変えた方が良いでしょう。 仕事関係の方や目上の方には「若葉の候…」などの時候の挨拶で始まり、「ぜひお立ち寄りください」で終わるようなかしこまった書き方をしますが、友人・知人の場合は砕けた感じでも良いでしょう。

名前、新住所、新電話番号はもちろんですが、引越しの理由(結婚・就職・転勤・新築・進学など)も書くことで近況が伝わりやすくなります。ただし退職や離婚などによる引越しの場合は、無理をして理由を書かず、引越し先だけをお知らせするようにします。

また、新住所が読みにくい場合は振り仮名を付けたり、場所が分かりにくい場合は地図や目印を記したりすることで遊びに来てもらいやすくなります。

このページの先頭へ